お問い合わせ|tcs@metaaxis.co.jp​|03-6264-6875

ヨガ、ピラティス、体幹トレーニング、体軸、指導者養成講座、RYT200、銀座 | 中央区 | 体幹パーソナルトレーナー指導者養成講座

© 2018 Metaaxis.co.,Ltd. All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • YouTubeの社会のアイコン

~ サポート講座で学ぶこと ~

【体軸マタニティヨガ講座】

妊娠時の、心と身体の変化に対応していくための安全な知識を学んでいきます。

体軸理論を取り入れたマタニティヨガは、無理なく誰にでも行え、出産に向けてのカラダづくりを目指すヨガの指導を学びます。

妊娠初期、妊娠中期、産後ホルモンの変化を理解することと、なによりも、忙しい現代社会で、孤立しないように自分をサポートしていく要素なども学びます。

そして、産後6ヶ月を過ぎた方を対象に、出産で崩れてしまった体型をもとに戻していくためのヨガを学び、出産から産後まで対応できるヨガインストラクターを育てます。

【発行資格】

・JCMA認定資格

 体軸マタニティヨガインストラクタ-

​・全米ヨガアライアンスRYT200®の1部

・一括申込対象講座

【対象者】

​どなたでも参加可能です。

・現役またはヨガインストラクターをめざす方
・全米ヨガアライアンスを取得されたい方
・各施術国家資格保持者・整体等セラピスト
*全くの業界未経験者も歓迎します 。未経験でもきちんと上達できるようにカリキュラムを組んでいます*

【体軸ヨガ・アジャスト講座】

女性のライフサイクルヨガ指導者養成講座RYT200 Stage1で学ぶアーサナ(ポーズ)の復習とアジャストを学びます。

アジャストとは、インストラクターが生徒に対して、アーサナ(ポーズ)を取りやすいようするためや深めるために、補助&サポートをすることです。
クラスを教え始めたが触り方に不安がある、体軸やクロスポイントをアーサナに応用してサポートするにはどうすればいいのか?を学びます。

アジャストは、力任せに押さえつけるように行えば、相手に怪我をさせてしまいます。
そして、アジャストに入るインストラクターも、無理な姿勢で行えば自分自身の怪我にも繋がります。
アジャストを行うときも、体軸筋を使いアジャストに入る必要があります。


この講座では、自分自身も怪我をしないために、体軸筋を優位にさせてアジャストに入る方法を学びます。

【発行資格】

・JCMA認定資格

 体軸ヨガ・アジャスト講座終了証

​・全米ヨガアライアンスRYT200®の1部

・一括申込対象講座

【対象者】

女性のライフサイクルヨガ指導者養成講座RYT200 Stage1受講修了者

・現役またはヨガインストラクターをめざす方
・全米ヨガアライアンスを取得されたい方
 

【体軸ヨガ・アドバンス講座】

女性のライフサイクルヨガ Stage1、Stage2で行うアーサナ(ポーズ)の復習に加えて、中級・上級者向けのアーサナを体軸理論を取り入れた方法で学んでいきます。

中級・上級者向けのアーサナをやみくもに練習すれば、肩・腰などの怪我に繋がります。
体幹とインナーマッスル(体軸筋)を使いながら行うことで、怪我なくアーサナの完成度を高められます。
体軸筋を優位に使い、アウターマッスルを劣位にしたアーサナの取り方を学びます。

【発行資格】

・JCMA認定資格

 体軸ヨガ・アドバンス講座終了証

​・全米ヨガアライアンスRYT200®の1部

・一括申込対象講座

【対象者】

女性のライフサイクルヨガ指導者養成講座RYT200 Stage1受講修了者

・現役またはヨガインストラクターをめざす方
・全米ヨガアライアンスを取得されたい方

【体軸ストレッチ講座】

ヨガのアジャストを深めたいと考えている方は、是非この方法を取得してください。

これは、現在身体にたずさわる仕事についている方からは、"ズルい"と思われる方法です。

なぜなら、この方法を学んでアジャストを行なっている方は、確実に効果を出しているからです。

ヨガのアジャストをはじめようとしている多くの方が、

 

「解剖学を勉強しなきゃ。」

「身体の構造を知らないからできない。」

「症状を改善させるためのテクニックを学ばなくちゃ。」

 

と、こんなことを考えています。

 

確かに、人を触るためには、身体の構造に対して最低限の知識がないといけません。

ですが、一つ一つの筋肉の名称やテクニックを覚える必要はありません。

 

それ以上に知っておくべきことがあります。

それは、、、

 

『身体の運動構造』です。

 

施術をする際のゴールがあやふやであれば、結果も出ることはありません。

 

どの運動構造を戻したいのか?

それはどのような使い方なのか?

 

これらを学ぶことが、相手の身体を改善させる際にまず学ぶべきポイントです。

この講座では、ストレッチをする際の姿勢や動作から、適切な運動構造を学習していきます。

また、単一筋の調整ではなく、複数の筋肉を同時に調整するためのクロスポイントシステムを取り入れているので、必要最低限の解剖学的知識で施術することができます。

 

*この方法は体軸コンディショニングの施術メニューでも行なっている手法の一つです。

【発行資格】

・JCMA認定資格

 体軸ストレッチヨガ講座終了証

​・全米ヨガアライアンスRYT200®の1部

・一括申込対象講座

【対象者】

どなたでも参加可能です。

・現役またはヨガインストラクターをめざす方
・全米ヨガアライアンスを取得されたい方

【体感アナトミー講座】

この講座は、基本的な筋肉や骨の構造を身体で感じながら覚えていきます。
その上で、「機能的な運動」と「解剖の知識だけでの運動」の違いを、自身の身体を通して学んでいきます。
そして、運動パフォーマンスを高める身体の使い方を身につけていきます。

[体感アナトミーとは何か?]
体感とは、体性感覚(身体意識)のことを表しています。体性感覚があると、動作時に必要な筋肉を必要最低限の筋出力で使うことができます。その体性感覚を解剖学的に捉えることで、誰でも簡単に理解することができます。

そのためには、あなた自身の身体で感じる必要があります。
なぜなら、学校や勉強会で学ぶ解剖学では、運動機能を制限してしまうからです。

机上で学ぶ解剖学と機能的な運動に必要な解剖学は違います。
講座を受けると、解剖学の知識があっても、機能的に動かせない理由もわかります。

【発行資格】

・JCMA認定資格

 体感アナトミー講座終了証

​・全米ヨガアライアンスRYT200®の1部

・一括申込対象講座

【対象者】

どなたでも参加可能です。

・現役またはヨガインストラクターをめざす方
・全米ヨガアライアンスを取得されたい方